「ほっ」と。キャンペーン

南カリフォルニアに住むNAOの気まぐれ日記。生活、子育て、旅行、芸術などをお届けします。


by lotusmama

カテゴリ:アート( 7 )

BCAM

d0087194_122673.jpg

先日お話したDel Mano Galleryで行われているHot Teaで紹介されているフレッドの作品の売れ行きが良くて、また5品ほど届けにいきました。 ギャラリー内は手の込んだ作品が沢山、しかもとっても壊れやすそうなものばかリ。2歳児がチョロチョロするのはもうドキドキなので、ズーとダッコしてました。 フレッドが小部屋で書類にサインをしたりしている間、”Daddy~,Daddy, where are you!!" しまいには ”FRED!!" とあまり叫ぶので、外で待ってました(苦笑)。お店の人はかわいいね〜っていってくれたけど、やっぱり他のお客様に迷惑だろうし(汗)。


d0087194_1294271.jpg ついでにLACMAによって最近出来た新しいBCAMという建物を拝見に! コンテンポラリーな作品が沢山あり、赤と白の大胆なデザインの巨大なエレベーター、建物に使われている素材を見て、かなりの費用だと察します。 
セリーナは美術館のとなりにある公園の池にある大きなゾウさんに一番感動してました^^
d0087194_13525100.jpg
バックグラウンドに見えるのはFred の先輩でもあるChris Burdenの作品です。街灯がずらりと並んでいます(笑)
私が感動したのはRichard Serraの空洞を歩ける大きな彫刻。去年UCLAの校内にある彼の作品も見ましたが(写真)、今回のはスケールが大きくて何となく産道をくぐり抜けているみたいな不思議な体験でした(笑)。
d0087194_151660.jpg


Jeff Koonsの作品も沢山ありましたが、この青いプードルが気に入ってしまったセリーナは触りたくて触りたくて仕方のないようで、アンディーワーホールの作品の方に無理矢理引っ張っていったら怒って泣いていました(汗)。来年はもっと平和に美術鑑賞できるかな? 
最近は渋滞がひどくて、普段1時間くらいで来れるL.A.に2時間半もかかってしまい、疲れましたが”たまには”都会に来てみるのも良いものです^^;
[PR]
by lotusmama | 2008-03-30 02:04 | アート

Ceramic cup

d0087194_14463312.jpg 日本にいる母がやっと退職する決心をしたということで、セリーナ流の退職祝いを作ってもらうことにしました。 
まずはユウヤクを選んで、筆とパレット(紙皿^^;)と素焼きのカップを用意します。 色付けしやすいように私がカップを持ってあげました。 
なかなかの筆使いで、とても上手にできたと思います。 フレッドは自分でキープしたそうな感じで見入ってました(笑)。 焼き上がりが楽しみだな〜^^
d0087194_14515466.jpg

お友達の子供も遊びに来て一緒にカップ作りに参加してもらいました。 彼女のことはセリーナの年齢の頃から知っているので、もうその成長ぶりにはびっくり!! 将来のベビーシッターかな? (笑)

ずーっと会社勤めをしてきた母は、退職後の自由な時間を持て余すのではと心配しているのですが、是非是非長期でこちらに遊びに来ていただきたいものです。セリーナもよろこぶだろうし.....(下心大あり)。
d0087194_14392717.jpg

[PR]
by lotusmama | 2007-10-18 14:48 | アート

物々交換

d0087194_095366.jpg  家にはいくつか大切にしているアートワークがあります。 ピカソとかではないですよ(笑)、でも売っている側が言うのもなんですが、アートって”しがないアーティスト”の収入ではなかなか購入しずらい物なんですよね(汗)。 実際クライアントは弁護士、ドクター、インテリアデザイナー系が多いかな〜。 労働時間、維持費、教育に費やした時間を考えるとけしてボッタクリなどではないのですよ.....
そこでアーティストがどうやってアートを購入するかと言うと、”物々交換”です(爆)。 たとえば絵、お皿、花瓶やグラス一つでも、作った人の顔や作業姿を思い浮かべられるだけで、愛着度がかなり違うんですよね。
私の友達のなかには、歯医者の治療費や学費までアートでお支払いしている人もいます(笑)。 

d0087194_0452464.jpg 家では只今増築計画中なのですが、コントロールフリークのフレッドは、ほとんどすべて自分でやります(苦笑)。 すべてって、デザインから青写真を描くのも、町から許可をおろすのも、はい、すべて。。。。まずは建築家用のコンピューターソフトを勉強して、毎晩、毎晩少しづつ、少しづつ。この調子でいくとカナ〜リ時間がかかります。 どうやら肉体労働の方も私たちがやることは間違いなし。 町から許可をおろしてもらうのには沢山の規制があって、後2ヶ月くらいかかりそうです。 これは本当にお金も時間もかかる作業です(涙)が、きっとやり遂げた後の満足感は最高かな? .....とでも信じていないとやりきない状況です。 さすがに設計などはプロの土木技師を雇って、骨組みをしてもらいます。 免許のある人を使わないと町も許可をおろしてくれませんし、今更フレッドを学校に送る気もないので。  ところが運良く彼はアート好き。 偶然フレッドの展覧会を見て気に入った作品があったらしく、”物々(労働?)交換”を利用する事に^^ 何だかキャッシュのない世界も悪くないな〜(爆)。 
[PR]
by lotusmama | 2007-09-14 00:54 | アート

The Festival of Arts

毎年夏にラグナビーチで行われるThe Festival of ArtsでFredはすでに25年を超える出展歴(汗)。 私は妊娠する前の年に一度だけ出展する機会があったきりで、ご無沙汰しております(涙)。 2ヶ月間にわたってオレンジ群近辺のアーティストがそれぞれのブースを建て出展し、夜にはステージで生の人間を使い、照明とメークアップで、有名な彫刻や絵画に見せてしまうというすばらしいショーが行われます。 このチケットは初日からほとんどシーズン完売というほど人気があるようです。 
出展しているアーティストは10時間のボランティア活動が強制されており、フレッドは”陶芸の日” にコイルポット(ひもを重ねて作る壺)のデモンストレーションをする事に。 誰が一番大きな壺を作れるかとか、長いコイルを搾れるかなどのコンテストもあり、参加者も観客も楽しみました^^  人が入らないように張ってあるロープをくぐり抜けて、真剣に働くダディーのとなりで何やら真剣に粘土をこねるセリーナ。 格好だけは一人前です^^;
最近フレッドは、セリーナと一緒に色々できるようになった事がとっても嬉しいようです。  二人で買い物に行ったり、海や公園に行ったり、卒乳して以来寝かしつけるのは彼の役目だったので、グ〜ンと絆が深まり、赤ちゃんの時よりも全然楽しいとの事です。 (しめしめ、私は早速、プチ一人旅を計画中) 私はたまに新生児を見かけると、あまりの小ささと、かわいさに胸にキュンときているのですが、こういうのは女性特有なのですかね〜?
d0087194_14535130.jpg


お客さんは、素焼きの器にユウヤクを塗って、目の前で楽焼きにしてもらえます。 アメリカの楽焼きは、熱々の作品を釜からとった後に、新聞紙が入ったアルミのゴミ缶に入れて煙で真っ黒にし、それを後でごしごし洗って出来上がりです。 日本はどうなんでしょう?
d0087194_14582038.jpg


セリーナに絵の具と筆をわたし、カードを作ってもらいました。 絵を描く時は、今だに両手を平等に使います。 気がむくままに、とっても自由に、グイグイグイっと、なんだか羨ましい〜。 大人になる事により、少しづつ自由が薄れて行く事に少し寂しい気がします。 自由な今だからこそ、オムツ一丁で、大きなキャンバスに体を使って絵を描かせドキュメントしておきたいですね(笑)。 
d0087194_15111314.jpg

[PR]
by lotusmama | 2007-08-07 15:16 | アート

似顔絵

久々に気が向いたので、パステル画を描いてみました。 もちろんモデルはセリーナ!

d0087194_10352246.jpg


寒くなると、どうしてもあったかいものが食べたくなります。チキンとマッシュルームのポットパイを作ってみました。
d0087194_103644100.jpg


体の調子がだいぶ良くなってきました、ハナのグズグズと咳さえ直ってくれれば完璧です。 いつもはあまり近くによらないチャーリーも何となく不安気にそばにいるのがとってもかわいらしい。 やっぱり犬も何か感じるのでしょうか?

d0087194_1039154.jpg

[PR]
by lotusmama | 2006-10-08 10:39 | アート

Raku-楽焼き

日本で陶芸の郷巡りの旅をして思った事は、いかに陶芸家が伝統を守る事を大切にしているか。やはり歴史のある国だからこそそういう美に引かれるのかもしれません。 それとは対照的にアメリカの陶芸家には、いかに自分の個性を表現できるかを追求する者が多いかと感じます。
ある日、夫が何やら煙臭い段ボール箱を抱えて帰って参りました。ふたを開けるとくちゃくちゃの新聞紙の中から楽焼きのお皿とカップが沢山出て来ました。自作の転写用イメージと、販売されてる物を会わせてコラージュにして、”楽”焼きを試してみたそうです。d0087194_13415993.jpg
なぜ四輪駆動車か? ガソリンをたくさん必要とする事、空気汚染、環境破壊などのシンボルとして使ったそうです。
d0087194_13423495.jpg
[PR]
by lotusmama | 2006-09-10 13:53 | アート

モザイク

Dana Point と言う町に引っ越して来て約5年がたちました。古いお家を購入したので、あっちこっちとペンキを塗り替えたり、庭をきれいにしたり、今だにそういう作業はつきません。 ある日フレッド(夫)と裏庭のつまらないコンクリートブロックの壁(1.5メートルx120メートル)を眺め、なんとか工夫をして素敵な壁に出来ないかと考えたところ、とても良いアイディアが浮かびました。陶芸の仕事をしてると必ず何らかの理由で失敗作が出ます。フレッドはその失敗作を15年間どうする事も出来ずに溜め込んでいました。 そこでそれを粉々に砕いて、モザイクの壁にリサイクルする事に決まったのです。 そこで出来たのがこの波の壁です。
d0087194_16485440.jpg


私が遊びがてらに作った蛇やトカゲも壁にへばりついています。
d0087194_16505993.jpg



この壁をとても気に入ってくれたフレッドのお兄さんの庭の噴水もデザインする事になりました。今度は陶芸の代わりに小さなガラスのモザイクや見つけた置物を使って仕上げてみました。
d0087194_16561244.jpg
d0087194_1763393.jpg



おまけ
これは私の大切なチャーリを油絵に描いてモザイクで仕上げてみました。
d0087194_16584096.jpg

[PR]
by lotusmama | 2006-09-03 17:08 | アート