南カリフォルニアに住むNAOの気まぐれ日記。生活、子育て、旅行、芸術などをお届けします。


by lotusmama

鼻の利かない犬

鼻の利かない犬なんていないと思っている方いらっしゃいますか? 
いるんですよ、家に一匹(一人)。 
チャーリーは子犬の頃の訓練教室では優等生で、お手、伏せ、ロールオーヴァー、ヒールなど、わりとすぐ覚えてしまい、Leave it と言ったら好きなお肉でも触りません。 以前は2年間デルタソサエティーに所属してセラピー犬として、オレンジカウンティー各地の老人ホームを訪問したりしていたのです。 顔もハンサムで散歩しているとよく犬種を聞かれ、ちょうだいと言われる事も少なくありません。 (飼い主溺愛で錯覚状態?)
その点チビは、訓練教室ではいつも最後にトリック(芸)をマスターしたり。マルチーズにしては顔が整ってない方だし(^c^)、頼りない所が沢山あるんです。 ところが、犬の本能を比べると断然チビの勝ち!  フリズビー犬だし。

私がセリーナばかリにかまっていると、いかにもつまらなそうな顔つきで、私の行動の一つ一つを目で追っている二人がいます。 (罪悪感) 私がいつリードとパラスチックバックをつかむのかを気にしているわけです。 ここで散歩、Walk, Park など口にした物ならすぐ興奮して飛んできます。 
d0087194_153011.jpg

でもこの人のこういう機嫌で、なかなかそういうわけに行かない時もあり...
d0087194_1572659.jpg


だから家では犬のためにこういうゲームをします。
まずは別の部屋(見えない所)に呼び出して待て(Wait)をかけます, その間に私は細かく刻んだお肉、チーズなどをまた別の部屋のそちらこちらに隠すわけです。 隠し終わったら犬の所に戻りGo find it! (探しなさい)と声をかけます。 
d0087194_15125910.jpg
この時点でチャーリーはいつもチビに負けます。 いくら遠くにいてもチビはすぐチャーリーを追い越して走ってきます。
d0087194_1514765.jpg


ここでいつも見てて思うのが、チャーリーの鼻がいかに利かないか。 目で探すんですこの子。 チビは鼻とお尻の穴をふくらませて次々と見つけドンドンご褒美を食べます。 あまりにも情けない顔で私を見つめるチャーリー、仕方がないから指を指しておやつの場所を教えてあげるのにも関わらず本当にトロイんです^^; いくら忠実で頭が良くても、犬の本能に欠けるって言うのもねぇ〜。 ってなわけで世の中にはこんな犬もいるわけです。 ヒント無しだったら絶対100%チビに捕られるだろうな。(笑)
d0087194_15224714.jpg

[PR]
by lotusmama | 2007-10-13 15:28 | ペット