南カリフォルニアに住むNAOの気まぐれ日記。生活、子育て、旅行、芸術などをお届けします。


by lotusmama

ハロウィーン 2009年

お久しぶりです^^ 
ハロウィーンが終わり、冬時間に変更し、もう周りはクリスマスムードに直撃。 またまた”あっ”っと言う間に2009年も後半になってしまいました。 もう毎日なんでこんなに忙しいの!って感じ。12月に保母さんのコースを終了するので、それが終われば一息できるかな?  セリーナの学校での仕事、アートの先生の仕事、毎日色々学んでますが、久しぶりに人の下で働くという経験なので、色々戸惑ってます。 他文化に理解があるお友達が多い私は、それが当たり前と思ってきたけれど、すべての人がそうという訳ではない事、それでも仲良く仕事をして行く努力が必要なこと。 教育方針、子供に接するアプローチは人それぞれ違い、その人それぞれの思考を尊重する事。 どんな経験も、自分を磨く事につながっていると信じて前進あるのみ ^^; 
子供たちのお昼休みを見て、びっくりするのですが、アメリカ人のランチってとっても質素。 ほとんどの子供がクラッカーとチーズだけ、ひどいときはクッキーとジュースだけなど(汗) そんな中でセリーナはおにぎりを食べてます。 同じ教育の立場にいて、”え〜、この子こんな”変”な物たべてる〜”ってコメントしていた先生と一緒に仕事をしています(涙) はじめ私の子供だと知らなくてコメントしたようですが、当たり前じゃない、私の子供だもの^^とお返事をしたら、少し焦ってました。 こっちの方がクッキーより、ヘルシーなのよっと言っておきましたが、子供の前でそういう態度を取る事態プロフエッショナルに欠けると感じでしまいました。これは消して自分の子だからでは無くて、いろいろな人種、文化が共存するアメリカだからこそ、偏見をなくせるような社会にするためには大人のオープンな姿勢が大切だと思うんです。 まあ、元々子供は純粋で、あまり偏見とか無いんだけど、偏った大人がそれを教育して行くんです(悲)。 人の振り見てわが振り直せ。 自分の行動や言葉がどう他人に影響しているかともっと気を使うようになりました^^;
アートの先生はとても楽しいので、もう少し経験を積んでから独立を考えています。 
余談になりましたが、とりあえずハロウィーンの写真です。
今年は昼間はハローキティ、妖精、夜はくまのプーさん!

d0087194_1515147.jpgd0087194_1522786.jpg
d0087194_1525960.jpg
d0087194_1531422.jpg

[PR]
by lotusmama | 2009-11-08 01:55